Google

新しいSearch ConsoleのFetch as Googleの使い方!URL検査でインデックス登録をリクエストする方法

新しいGoogleサーチコンソールで「Fetch as Google(インデックス登録をリクエストする方法)」はどうやったらいいの?の疑問にお答えします。

2018年1月にベータ版として導入された新しいサーチコンソールが9月には正式版となり、12月13日には置き換え可能の複数のレポートが旧サーチコンソールから無くなることが発表されました。

近い将来には完全移行することを考えると、新しいサーチコンソールにはそろそろ慣れたいものですよね。

そこでまず気になるのが新しいサーチコンソールで「Fetch as Google」はどうやってやるの?ってことではないでしょうか。

新しいサーチコンソールでは、なんと「Fetch as Googleツール」は無くなります。

その代り「URL検査」の機能を使って”インデックス登録をリクエストする”ことができます。

その方法をご紹介しています。

新しいサーチコンソールのFetch as Googleの使い方!URL検査でインデックス登録をする方法

旧サーチコンソールではメニューから、

クロール>Fetch as Googleへと行き、
Fetch as Googleツールを使って、
インデックス登録したいURLをGoogleにリクエストしていました。

新しいサーチコンソールで、
インデックス登録をリクエストするには、
下記の手順で「URL検査」から行うことができます。

具体的には、
「URL検査」の機能を使うことで、
該当のURLページがインデックス登録されているかどうかを確認することができ、

登録されていない場合や、
登録されている場合でも、何か変更が合った場合は、
「インデックス登録をリクエスト」
することができます。

1.インデックス登録をしたいサイトを選択する

新しいサーチコンソールを開いて、
インデックス登録したいサイトを選択します。

2.インデックス登録したいURLを検索欄に入力する(URLを検査する)

メニューのURL検査をクリック、もしくは、検索欄にカーソルをあてると下記の画面のように検索欄がハイライトされます。

インデックス登録したいURLを検索欄に入力してエンターキーを押します。

すると、
入力したURLページのインデックス登録状況をGoogleデーターから取得してくれます。

3.「インデックス登録をリクエスト」をクリックする

該当のページがインデックス登録されていない場合は、下記の画像のように、「URLがGoogleに登録されていません」と表示されるので、『インデックス登録をリクエスト』をクリックします。

すると、
リクエストしたURLがインデックス登録が可能かどうかをテストするとのメッセージが表示されます。

この機能は旧サーチコンソール『Fetch as Google』の「取得」にあたるもので、Googlebotが該当ぺージにアクセス可能かどうかをチェックします。

「インデックス登録をリクエスト済み」と表示されたらリクエスト完了です。

該当のページが既にインデックス登録されている場合は、下記の画像のように「URLはGoogleに登録されています」と表示されます。

登録済みであれば「インデックス登録をリクエスト」する必要はないので、旧サーチコンソールよりも便利になったと言えそうですね。

インデックスに登録済みのページだけど、追記や編集を加えた後に、変更を反映させたい場合は、同様に、「ページを変更しましたか?」の横に表示される『インデックス登録をリクエスト』をクリックすることが出来ます。

4.インデックス登録をリクエストしたらすぐ登録される?

インデックス登録のリクエストについて「Search Consoleヘルプ」の”URL検査ツール”のページでは下記のような記述があります。

(再)インデックス登録のリクエスト
検査済み URL を Google にクロールさせるようリクエストできます。インデックス登録には 1~2 週間程度かかります。処理状況はこのツールで確認できます。

インデックス登録をリクエストするには、レポートで [インデックス登録をリクエスト] を選択します。インデックス登録エラーをすばやく検出する簡易チェックをパスしたページは、インデックス登録キューに送信されます。

ライブテストでインデックス登録不可と判断された場合は、インデックス登録をリクエストできません。

Search Consoleヘルプ “URL 検索ツール”

公式には”インデックス登録には1~2週間程度かかる”となっています。

実際には、そこまで長くかかる印象はなく、例えば今回、例に出したURLのケースでは、リクエスト後、すぐにインデックス登録されています。

インデックス登録のリクエストをしたからといって、検索結果にすぐ表示される保証はありませんが、トレンドブログのようにいち早く検索結果に表示されることが報酬に直結する場合は、積極的に使っていきたい機能です。