ワードプレス

サーチコンソールのDNSレコードでのドメイン所有権の確認の方法【エックスサーバー】

Googleサーチコンソールにブログを登録しようと、ドメインを入力したところ、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」の画面が出て、なんのことやらとなった時に解決した方法を備忘録がてら記事にしました。

同じように「ほへ?」となっている方のお役に立てれば幸いです。

「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」はサーバーで設定の必要があります。

私の場合は、エックスサーバーです。

前回、ワードプレスの最大アップロードサイズを変更した記事を書いた時もそうでしたが、Xサーバーは管理画面が分かりやすく難しい操作が簡単にできます。

初心者の方であればサーバーはXサーバーがおすすめです!

DNSレコードでのドメイン所有権の確認の方法【エックスサーバー】

サーチコンソールにブログを登録する際の「DNSレコード」でのドメイン所有権の確認方法手順を見ていきます。

DNSレコードでのドメイン所有権を確認する(Xサーバー)

1.サーチコンソールで発行されたDNSレコードをコピーする
2.Xサーバーのサーバーパネルにログインする
3.ドメイン→DNSレコード設定から追加する
4.サーチコンソールで所有権を確認する

上記のようにめちゃめちゃ簡単でした!
順番に画像とともに見ていきます。

1.サーチコンソールで発行されたDNSレコードをコピーする

サーチコンソールにブログを登録しようとすると、下記のプロパティタイプの選択画面が現れます。

左側のドメインを選び、登録したいブログのドメインを入力して続行します。

すると、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」の画面が現れます。

結構、これって戸惑う瞬間ですよね。

手順が説明されてはいますが、

1.ご利用のドメイン名プロバイダ(goodaddy.com, namecheap.comなど)にログインします。

って、そんなドメイン名プロバイダ、知らんがな、って話です。

でもこれ、Xサーバーであれば、簡単に確認することができました。

まずは、発行されたDNSレコードをコピ―します。

2.Xサーバーのサーバーパネルにログインする

ブログのドメインを登録しているXサーバーのサーバーパネルにログインします。

「ドメイン」に「DNSレコード設定」があります。

3.ドメイン→DNSレコード設定から追加する

「ドメイン」→「DNSレコード設定」と進むと、ドメイン選択画面になるので、サーチコンソールで所有権を確認したいドメインを選択します。

次に、「DNSレコード追加」のタブに進みます。

対象のドメインのDNSレコードを編集できる画面になりました。

ここで操作するのは、「種別」と「内容」の二つです。

まず種別はプルダウンメニューから『TXT』を選択します。

そして、内容の空欄にサーチコンソールでコピーした「DNSレコード」をペーストします。

これでOKです!

「確認画面へ進む」を選択します。

確認画面となりますので、種別が「TXT」、DNSレコードがちゃんとペーストされているのを確認できたら「追加する」を選択します。

これで完了です!

本当に簡単すぎて驚いちゃいますよね。

では、サーチコンソールに戻りましょう。

4.サーチコンソールで所有権を確認する

DNSレコードでのドメイン所有権の確認画面の右下の「確認」を選択します。

「所有権を証明しました」の緑の画面が出れば、所有権の確認の完了です。

右下のプロパティに移動を選択して、サーチコンソールの画面に戻りましょう。

下記のように「所有権を証明できませんでした」の画面が出たら、DNSの変更が反映されていないか、何かが間違えていた可能性があります。

この面があるということは、実は私も1回目はエラーの画面がでました(汗)

なぜか違うコードを入れてしまっていたみたいです。

Xサーバーの「DNSレコード一覧」から、追加したものを見ることができます。

私の場合は、ここでサーチコンソールがエラーとして記したコードがTXTに入力されていたのが確認できたので、それを削除したらOKになりました。

ってことで、「新しいドメインプロパティへようこそ」の画面が現れました。

開始!!と意気込んだものの、サーチコンソールはまだデータが無いので空っぽです。

ってことで、サーチコンソールにブログを登録したい場合の、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」の方法でした!おつかれさまでした。