下北沢ライフ

下北沢バー「フェアグラウンド(bar Fairground)」が禁煙バーへ

下北沢で居心地の良いバーの1つが「フェアグラウンド(bar Fairground)」です。

最近、ご無沙汰をしていて、久しぶりに訪れてみたら・・・あら、びっくり!

マスターが変わって禁煙のバーになっていました。

現体制での本格オープンは明日の11月16日からとのことで、節目の日に来てしまったようです。

外観や内観のソファーやテーブルなどはそのままなんですが、バーはマスターが変わると印象もガラッと変わりますよね。

内観で言えば、禁煙になったこともあってか、奥の壁にかかっていたシガーを吸うキューバ人のパネルは無くなっていました。

この写真、好きだったな~

でも、相変わらず雰囲気は良いバーなので、禁煙のバーを探している人には朗報だと思います。

bar Fairground

〒155-0031
東京都世田谷区北沢2丁目3−12 友和ビルB1F

場所は、下北沢駅の東口から出て、南下して茶沢通りに出たら、右に曲がって三茶方面に歩きます。

1階が「すし好」のビルの地下に降りる階段を進み、奥にあるのが「bar Fairground」です。

同じ地下1階の手前は、とんかつの「かつ良」さんです。

さてさて、

1杯めは、アードベッグ。

2019年のアードベッグ・デーの限定商品の「アードベッグ ドラム」は、

ラムの樽で追加熟成させてるんだとか。

他のメンバーはテキーラ・サンライズと、ウオツカベースのビッグアップル。

これまでの「bar Fairground」お得意のフレッシュ果物を使ったカクテルは無くなっていました。残念。

19時前に来店したら、0円で食事が食べられる、って言うサービスも無くなったようです。

〆にグラスホッパーをつくって頂きましたが、サラッと飲めれるのは良かったんだけど、私の中の1番は、やっぱり淡島のバーb&co(ビーアンドコー)。これは不動ですね。

でも2杯飲んだお会計が2千円と、バ―としては良心的価格だったので、これはこれでアリかなって感想です。

20時~21時頃は、70%の入りでにぎやかな雰囲気となっていました。

バーは、マスターと女性の方の2人できりもりしていて、1人でも気軽に入れるバーです。