ワードプレス

WorPressの最大アップロードサイズを簡単に変える方法【Xサーバー】

ブログの引っ越し等で、サイトのインポートをしようとしたところ、最大アップロードファイルサイズが足りなくて、どうしたらいいの、といった際に簡単に変更できる方法を備忘録がてらまとめました。

WordPressの最大アップロードサイズが足りない、、

通常のWordPress運営では、気にならなかったものの、ブログの引っ越しなどで、大きなサイズのファイルをWordPressにアップロードしなければいけなくなった時にぶつかるのが、

WordPressの最大アップロードサイズが足りない、ことではないでしょうか。

でも、これ、最大アップロードサイズは簡単に変更することができたので、次回、慌て無いように自分のメモがてら記事にまとめました。

WordPressの最大アップロードサイズを簡単に変える方法

ということで、早速解決策ですが、

WordPressの最大アップロードサイズを変えるのは、「php.ini」で行います。

えええ、「php.ini」って何??難しそう、、

となるかもしれませんが、安心してください。

私の場合は、サーバーがXサーバーなのですが、

Xサーバーの管理画面から簡単に「php.ini」の数値を変更することができるんです。

やっぱXサーバーって、分かりやすくて使いやすくていいですね!

ということで具体的な方法に進みます。

Xサーバーで「php.ini」の上限値を変更する方法

Xサーバーサーバーパネルに入ります。

そして、赤枠で囲んだ「PHP」の項目の『php.ini設定』に進みます。

ドメイン選択画面となるので、あなたが変更したいドメインの「選択する」を選びます。

この3ステップで『php.ini設定』まで来ました!

画面の一番下の「その他の設定」まで降りてください。

赤枠で囲んだ

・memory_limit

・post_max_size

・upload_max_filesize

この3つの数値を見ながら調整していきます。

実際に私たちが変更したいのは、3つめの「upload_max_filesize=最大アップロード府ファイルサイズ」の部分ですが、

最大値は、1つめの「memory_limit」が一番大きくなるようにして、次が、「post_max_size」、私たちが変更したい「upload_max_filesize」は、最初の2つよりも数値が小さくなるように調整します。

例えば、

・memory_limit 200M(変更無し)

・post_max_size 130M

・upload_max_filesize 100M

のような具合です。

数値を変更したら「確認画面へ進む」を選択し、確認画面が出ますので、変更した数値を確認後、「変更する」ボタンを選択してください。

これで作業は終了です。

こんな簡単にできて、ほんと嬉しい限りです。

注意点として、この方法でいくら変更できるとはいえ、アップロードファイルサイズを500Mのように極端に上げすぎると500エラーとなる場合があります。

必要な数値のみ上げるようにしましょう。

以上です!