ワードプレス

ワードプレス5.0の投稿画面を元に戻す方法!更新で使いにくい場合の対処法

2018年12月7日にワードプレスにログインしてみたら、
WordPress 5.0が利用可能です!今すぐ更新してください。
のメッセージを見てワードプレスを更新したら、
投稿編集画面が大幅にガラッと変わって使いにくい!!

そんな場合の対処法をご紹介しています。

ワードプレス開発者がサポートしているプラグインを利用することで安心して元に戻せる方法になります。

ワードプレス5.0の投稿画面を元に戻す方法

ワードプレスのバージョンを5.0に更新すると、
新しいエディタ「Gutenberg」が自動的に導入されます。

新しい投稿画面はこんな感じになります。

記事を新しく投稿しよう、
もしくは、
過去の記事を編集しようとして、
投稿画面に行って初めて気づかれた方も多いのではないでしょうか。

物は試しと、
私も新しい投稿画面で記事を書いてみましたが、
勝手が違って全然先に進みません。

この不意打ちの更新にどう対処すべきか、
ワードプレス側もこの事態を予測していたようで、

「Classic Editor」

というプラグインをインストール&有効化することで、
これまでの旧投稿画面に戻すことができます。

プラグインの新規追加で「Classic Editor」をインストール&有効化する、もしくは、下記の方法で簡単に元に戻すことができます。

1.ワードプレス管理画面左上の「W」のマークをクリックし、旧エディターを使い続ける方法はこちら。を選択する

2.画面下の「Classic Editorをインストール」をクリックする

3.「Classic Editor」を今すぐインストールをクリックする

4.「Classic Editor」を有効化するをクリックする

以上です。

「Classic Editor」のプラグインは、
2.の画面で説明がある通り、
ワードプレスが2021年までサポートすることを公言しています。

公式な対処法となりますので、
安心してインストールすることができます。

現状では、
新エディター「Gutenberg」の不具合が報告されていたり、
お使いのテーマやプラグインが「Gutenberg」に対応していない場合があります。

このブログに使用しているテーマ「JIN」も
「Gutenberg」への最適化は未実装とのことで、
Classic Editorの利用を推奨しています。

急いで使用する必要は無いので、
使いづらいと思う場合は旧エディタに戻すことをおすすめします。

まだワードプレス5.0に更新をしていない場合は、
暫く更新するのを待ったほうが良さそうです。

私自身も、
新しいエディタ「Gutenberg」の使い勝手が確認されたり、
利用環境への対応がしっかり確認されてから使い始める予定です。